MARIRISA STORY

表参道店は、都会の喧騒を忘れさせてくれる、
ゆっくりとくつろげる空間が自慢のお店です。
手作りの味わいあるホームメイドケーキをお届けします

MARIRISA STORY

表参道店は、都会の喧騒を忘れさせてくれる、
ゆっくりとくつろげる空間が自慢のお店です。
手作りの味わいあるホームメイドケーキをお届けします

ドルチェマリリッサは、二児の母である初代オーナーのMariが
"娘に食べさせたいケーキ"を作りたくてスタートしたケーキ店です。
今年で創業20年目です。表参道店を今はその「娘」であるRisaが2代目として引き継いでいます。
安全で美味しいケーキをご用意するのはもちろん、お客様方の喜ぶ顔を思い浮かべながら、
洗練された究極の可愛いケーキを1つ1つ愛情を込めて作っています。
また、ゆっくりとくつろげる喫茶スペースを併設していますので、
作りたてのケーキをお店でゆっくりとお楽しみいただけます。

ドルチェマリリッサは、
二児の母である初代オーナーのMariが
"娘に食べさせたいケーキ"を作りたくて
スタートしたケーキ店です。
今年で創業20年目です。
表参道店を今はその「娘」である
Risaが2代目として引き継いでいます。
安全で美味しいケーキをご用意するのはもちろん、
お客様方の喜ぶ顔を思い浮かべながら、
洗練された究極の可愛いケーキを
1つ1つ愛情を込めて作っています。
また、ゆっくりとくつろげる喫茶スペースを
併設していますので、 作りたてのケーキを
お店でゆっくりとお楽しみいただけます。

1st Story

「母」から「娘 」へ
食べさせたいものを

親から子どもへの愛情。
それは、たとえ時代が変わっても「不変のもの」だと思います。
ドルチェマリッサは、私自身が自分の娘へ与えたい、食べさせたいものを作り、
店頭に並べることから店をスタートさせました。
季節のフレッシュフルーツを使用したホームメイドケーキなど、
当店の商品は、お客さま方の喜ぶ顔を思い浮かべながら、
1つ1つ愛情を込めて作っています。
私の名前、Mari。娘の名前、Risa。
その2つを冠した店名は、「我が子への愛情」という創業時の思いを、
いつまでも忘れないためでもあります。

親から子どもへの愛情。
それは、たとえ時代が変わっても
「不変のもの」だと思います。
ドルチェマリッサは、私自身が自分の娘へ与えたい、
食べさせたいものを作り、
店頭に並べることから店をスタートさせました。
季節のフレッシュフルーツを使用した
ホームメイドケーキなど、 当店の商品は、
お客さま方の喜ぶ顔を思い浮かべながら、
1つ1つ愛情を込めて作っています。
私の名前、Mari。娘の名前、Risa。
その2つを冠した店名は、
「我が子への愛情」という創業時の思いを、
いつまでも忘れないためでもあります。

Dolce MariRisa 創業者 東野まり

2nd Story

私は生まれた時から
ケーキに囲まれた日々のもと、育ちました。

ドルチェマリリッサは、私がまだ10歳の頃に開店したお店で、
お店の手伝いを始めたのは、高校生の頃です。
その時からずっとお店をを続けてこられているのは、
大好きな可愛いケーキに囲まれ、腕の良いパティシエやスタッフ、
そして、お客様の喜ぶ顔に支えていただいたからです。
マリリッサは、母の夢が叶ったお店ですが、それは、私の夢でもあります。
今は、「娘から母へ」の恩返しの気持ちを込めて、
毎日、可愛くて美味しいケーキをご用意しています。
今も時間の許す限り、お店に出ていますので、
もし見かけたら声をかけてくださいね。
これからも、どうぞよろしくお願いいたします。

ドルチェマリリッサは、
私がまだ10歳の頃に開店したお店で、
お店の手伝いを始めたのは、高校生の頃です。
その時からずっとお店をを続けてこられているのは、
大好きな可愛いケーキに囲まれ、
腕の良いパティシエやスタッフ、
そして、お客様の喜ぶ顔に支えていただいたからです。
マリリッサは、母の夢が叶ったお店ですが、
それは、私の夢でもあります。
今は、「娘から母へ」の恩返しの気持ちを込めて、
毎日、可愛くて美味しいケーキをご用意しています。
今も時間の許す限り、お店に出ていますので、
もし見かけたら声をかけてくださいね。
これからも、どうぞよろしくお願いいたします。

Dolce MariRisa オーナー 東野吏沙